矯正歯科治療の不安を解消!皆さんの疑問にお答えします

「治療期間はどれくらいかかるの?」「矯正中は痛いと聞いたけど大丈夫かしら?」など、矯正歯科治療を始めるにあたり、さまざまな疑問や不安を抱える方も多いのではないでしょうか。ここでは、患者さんから寄せられたご質問にお答えしています。

Q1.表側矯正と裏側(舌側)矯正では、治療期間に違いはありますか?Q1.表側矯正と裏側(舌側)矯正では、治療期間に違いはありますか?
高度な治療技術を必要とする裏側矯正は時間がかかると思われがちですが、当院は舌側矯正を得意とし、認定医でもある院長が治療にあたりますので、ほとんどのケースにおいて表側矯正と治療期間は変わりません。むしろ、出っ歯など症例によっては裏側(舌側)矯正のほうが早く治るケースもあります。
Q2.矯正中の痛みが心配です。痛みはどれくらい続きますか?Q2.矯正中の痛みが心配です。痛みはどれくらい続きますか?
矯正中の痛みは、2種類に大別されます。1つ目は、歯の移動に伴う痛みで、装置をつけ始めた数日間は鈍痛や違和感があります。痛みは徐々に軽減されますが、我慢できない場合には鎮痛剤をお渡しします。2つ目は、頬や舌に矯正装置が当たることで生じる痛みです。こちらは専用のカバーと口内炎用のお薬で対処いたします。痛みには個人差がありますが、必ず慣れていきます。これまで痛みが原因で治療を中断された方は一人もいらっしゃいませんのでご安心ください。
Q3.年齢制限など、舌側矯正ができないケースはありますか?Q3.年齢制限など、舌側矯正ができないケースはありますか?
口が大きく開けられない、顎に問題があるなどの特別な場合を除いて、ほとんどのケースで裏側(舌側)矯正での治療が可能です。年齢による制限もありません。出っ歯など、裏側(舌側)矯正のほうが有利に治療できるケースもあります。
Q4.差し歯をしていても矯正歯科治療できますか?Q4.差し歯をしていても矯正歯科治療できますか?
差し歯があっても、歯根がしっかり残っていれば問題ありません。ブリッジなどで歯を連結している場合は矯正前に撤去し、1本ずつ仮歯を作ることもあります。
Q5.裏側矯正なら、正面から見られても本当に装置は見えませんか?Q5.裏側矯正なら、正面から見られても本当に装置は見えませんか?
裏側(舌側)矯正では装置を歯の裏側に装着するため、正面からは見えません。見た目を気にされる方や人前に出る機会の多い職業の方でも、人に気づかれることなく治療を受けることができます。
Q6. 部分矯正はできますか?Q6. 部分矯正はできますか?
部分矯正でできる治療はごく限られています。例えば歯が足りない部分にブリッジを入れるため、倒れている歯を起こしたり、以前矯正治療をやっていて、それが後戻りをしてしまった場合の再治療などです。特に出っ歯や受け口、開咬、過蓋咬合などは全体的に歯を動かさなければ治らないため、部分矯正ではなく全顎での矯正治療になります。
Q7. 仕事が忙しく、通い続けられるか不安です。治療期間や通院ペースを教えてください。Q7. 仕事が忙しく、通い続けられるか不安です。治療期間や通院ペースを教えてください。

症例によって治療期間が異なりますが、永久歯が生え揃っている場合の一般的な矯正期間は1年~2年半が目安です。装置装着中は、約1ヶ月1回のペースで通院していただきますが、どうしても都合がつかない場合は、1ヶ月半~2ヶ月に1回の通院でも治療可能です。

また、治療が終了すると、取り外し可能な「リテーナー」という装置を使い、歯の位置を安定させる保定期間に入ります。この期間は3~6ヶ月に1回ご来院いただき、メインテナンスを行います。
Q8 治療費はどのくらいかかりますか? 分割で支払うことはできますか?Q8 治療費はどのくらいかかりますか? 分割で支払うことはできますか?

症状や治療内容によって異なりますので、一概に申し上げることはできませんが、当院ではあらかじめ総費用を決定する「トータルフィー(定額制)」を採用しておりますので、装置の紛失や破損などの例外を除き、追加料金や毎回の処置料などは一切かかりません。

また、お支払いは長期分割が可能で、クレジットカードもご使用いただけます。治療前に費用についてきちんとご説明し、ご納得いただいてから治療を開始しております。こちらで詳しい料金の説明をしています。

その他気になることがありましたら、こちらからお気軽にお問い合わせください。