一般的な裏側(舌側)矯正治療の流れをご紹介します

Step01 初診カウンセリング(45分)

お口の状態を拝見し、おおまかな治療内容や治療期間、おおよその費用についてお話しします。歯並びに関するお悩みや治療に関するご希望、疑問など、何でもお聞かせください。不安を残したまま治療に入ることがないよう、丁寧にお答えします。初診カウンセリングを聞いたうえでご希望があれば精密検査を行います。

Step02 精密検査(40分)

お口の状況を詳細に把握するため、X線撮影、口腔内や顔の写真撮影、歯型の採得などを行います。その検査結果を基に診断し、最善の治療計画を立てます。

Step03 診断結果・治療計画の説明(60分)

精密検査の結果をご説明し、治療内容・期間などの詳細な治療計画をご提案します。費用や支払方法なども含めて十分に患者さんと話し合い、納得いただいたうえで治療開始までのスケジュールを決めていきます。

Step04 歯磨き指導、クリーニング(60分~)

治療開始前に口腔内をクリーニングし、歯石や着色をきれいに落とします。矯正中は装置に汚れが付着しやすく、むし歯や歯周病になりやすいため、事前に正しい歯磨き方法を指導します。

Step05 裏側(舌側)装置の作製

患者さんの歯型を採り、歯の形態に合わせて完全オーダーメイドで裏側(舌側)装置を作製します。歯型を採ってから装置が出来上がるまで約1ヶ月かかります。抜歯が必要な場合は、その間に行います。

Step06 矯正装置の装着・説明(1時間半~2時間)

従来の表側矯正の装置に比べ、裏側(舌側)装置の装着には少々お時間がかかります。抜歯をされた方で抜いた後の隙間が気になる方は仮歯を着けます。装着がすべて終了した後、痛い時の対処の仕方や歯ブラシのやり方などを20分程かけてご説明いたします。

Step07 毎回の矯正歯科治療(毎回30~60分)

矯正装置をつけた後は、約4~6週間に一度ご来院いただき、歯の移動状況をチェックしながらワイヤー交換や調整を行います。また、むし歯や歯周病を防ぐため、定期的に歯磨き指導とクリーニングを行いながら治療を進めていきます。

Step08 矯正装置の除去(1時間半+15分)

歯の移動が完了し、きれいな歯並びが確認できたら矯正装置を外します。装置を外す日は1日に2回来院していただき、1回目(午前中)に装置を除去した後、後戻りを防ぐ保定装置を作るための歯型を採ります。2回目(午後)に保定装置をお渡し、当日から使用していただきます。

Step09 保定期間(毎回15分程度)

歯の後戻りを防ぐために3~6ヶ月毎にご来院いただき、クリーニングなどのメインテナンスをしながら経過を観察します。歯並びが安定してくれば、保定装置の装着時間を徐々に減らしていきます。保定中も、なるべく目立たない装置を使用します。

【治療後のアフターケアが重要です】

矯正歯科治療成功の鍵は、装置装着後のメインテナンスです。理想の歯並びを手に入れても、むし歯や歯周病になって歯が失われてしまっては意味がありません。美しい歯並びを長く維持できるようお口の中のケアをしっかり行い、保定装置をしっかり使用しましょう。