矯正歯科治療は何歳からでも始められます

「矯正は子どもがするもの」と思っていませんか? 矯正歯科治療は歯とそれを支える歯槽骨が健康であれば何歳からでも始められます。自己管理ができる、治療計画を立てやすいなど、大人ならではのメリットもあるのです。矯正歯科治療に「もう遅い」はありません。長年のコンプレックスを解消したい方、自然な笑顔と健康を手に入れたい方は、お気軽にご相談ください。

悪い歯並びを放置するリスク

悪い歯並びが及ぼす影響は見た目の問題だけではありません。悪い歯並びを放置すると、身体にさまざまな悪影響を及ぼすことがあります。

むし歯・歯周病の原因に

むし歯・歯周病の原因に

歯と歯の間に汚れが溜まりやすいうえに、歯ブラシをきちんと当てることが難しく、磨き残しを作りやすくなっています。磨き残しは時間が経つとプラークとなり、むし歯や歯周病の原因になります。

発音しづらい

発音しづらい

歯の隙間から空気が漏れたり、舌の動きが制限されたりすることにより、はっきりとした発音が難しくなります。外国語の発音に影響することもあります。

物を咬みにくい

物を咬みにくい

物が咬みにくくなります。よく咬まずに飲み込むと、消化器官に負担がかかってしまいます。

顎の成長を妨げる

顎の成長を妨げる

顎の成長に影響が及び、上下の顎のバランスが崩れる、顔が左右対称でなくなるなどの不具合が起こることがあります。また、顎の関節や筋肉に負担がかかり、顎関節症を引き起こすこともあります。

心理的な影響

心理的な影響

悪い歯並びがコンプレックスとなり、思い切り笑えない、人前で話すことを苦痛に感じるなど、対人関係に悪影響を及ぼすことがあります。

身体の不調を引き起こす

身体の不調を引き起こす

歯並びは顔だけでなく、全身の骨格とそれにつながる筋肉に影響しています。筋肉のバランスが悪くなると、肩こり・偏頭痛・ストレス・原因不明の痛みなど、さまざまな不調を引き起こすことがあります。

大人になってから矯正歯科治療を始めるメリット

治療について納得してから取り組めるため、自己管理が可能

親御さんの希望で矯正治療を受ける子どもとは違い、大人の場合はご自身が希望して治療を受けられる方がほとんどです。そのため、目的意識や治療に対する理解度が高く、積極的な通院、丁寧な歯磨きなどの自己管理が容易です。

治療計画が立てやすい

顎の成長が完了しているため、治療計画を立てやすく、抜歯が必要かどうかの判断も比較的容易です。

治療法を自由に選択できる

審美性に優れた裏側(舌側)矯正をはじめ、矯正の装置や方法はさまざまです。大人であれば、それぞれの特徴を理解したうえで、経済性やライフスタイルなどに合わせて自由に治療法を選択できます。

矯正歯科治療に関して、分からないことなどはお気軽にご相談ください。